品川で極上タイムを楽しみたい

私が地方への出張が好きなのは、なんといってもホテルに呼んで行う出張マッサージが楽しみだからです。疲れた心と身体をほぐすには、最高です。初めて出張マッサージを頼んだのは、今から10年以上も前のこと。なんとなく怖いというイメージがありましたが、マッサージ師の気さくな人柄もあり、あっという間にファンになってしまったのです。もちろん、出張マッサージといえば、ある程度の費用はかかりますが、くだらない遊びや賭け事にお金を使うことを考えれば安いものです。高くても数千円程度を出せば、気持ち良いマッサージを受けることができます。
地方での仕事は、何かと気合いが入るものです。長時間に渡る会議やミーティング、プレゼンテーションなどで身体には疲労感が蓄積してしまうのです。そんな疲れや身体のコリやハリをほぐしてくれるのが出張マッサージです。私の場合、基本的には指名することなくマッサージを受けます。今までも外れたことはありません。今後もマッサージ師のテクニックに助けられることでしょう。

品川区の魅力

東京都の品川区というと、近年では新幹線をはじめとした多くの鉄道の路線がありますし、高層ビルも建ち並ぶビジネス街でもあります。
ただそんな品川は東海道五十三次にも出てくる品川宿として長い歴史を持った街でもあります。

品川宿は東海道五十三次という江戸から京都間の五十三の宿の中で、1番目の宿場町で、東海道の玄関口として江戸時代は多くの人でにぎわっていた場所です。
現在は住民の生活の場となっていますが、ところどころに今でも宿場町の名残があります。

江戸時代には、五街道でもっとも交通量が多い宿場町として栄えるようになった品川ですが、明治時代には鉄道がいち早く作られたことで、京浜工業地帯の発祥地として発展していきました。
現在は新幹線をはじめ多くの鉄道路線が通っていますし、東京都名古屋を結ぶリニア中央新幹線の始発駅が、品川駅港南口に建築予定となっていますから、今後ますます東京の玄関口として発展していくことが予想されています。

ホームに戻る